終活 幸せな最後の迎え方

終活とは??

 

人生のの終わりに向け、自分の望むように、
自分が死ぬまでのことと、自分が死んだ後のことを具体的に考え、準備することです。

 

自分が死ぬ前でのこと

 

  • 人生の振り返りと今後のプラン
  • 希望する医療
  • 希望する介護
  • お金、持ち物の整理
  • 遺言書作成、家族へ伝えたいこと

 

自分が死んだ後のこと

 

  • 葬儀について
  • 埋葬について
  • 死後の事務手続き
  • ペットの世話
  • 資産振り分け、相続税等の手続き

 

上記のことが決まっていないと、残された家族が混乱することや、争いになるケースもあります。
たとえ仲が良い兄弟だったとしても、思わぬ事態に発展するケースはありますので、しっかりと決めて残しましょう。

 

終活のメリット

 

1、土壇場で慌てなくてすみます。

 

終活は身体が元気なうちに行っておくことが大切です。
急に病に倒れる可能性もありますし、自分の意思が家族に伝えられなくなって、残された家族が困らないために準備が必要です。

 

2、後悔が減る

 

自分がなくなった後、残された家族がしっかりとやってくれるかどうか不安を抱えている高齢者は多いようです。
自身の葬儀やお墓のこと、病気になった場合、延命治療や介護をどうのようにしてほしいのかは記載しておかないと後悔することがあります。
残された家族や自分自身が気持ちよく最後を迎えられるようにするという効果があります。

 

3、医療従事者、介護者に医師が伝えられる

 

一言に介護や治療と言っても様々な方法があります。
本人の希望する治療、介護が受けられないと長い期間辛い思いをすることになります。

 

日常での細かい希望も含め、快適な治療、介護が受けられるように希望を書き記すことで、
する側受ける側の双方の幸せにつながります。

 

残りの人生の方向性が明確になり、不安が減る

 

過去の振り返り、今後、残りをどのように生きていくのか明確になり、
老いの支度、死への支度を整えることで今後の不安が減っていきます。

 

今後の経済的な計画ができる

 

自分の希望をエンディングノートにまとめておくことで、残された家族が急な出来事に対応できるようになります。
今後のことを話すきっかけにもなります。

 

家族のルール、しきたりの引継ぎができる。

 

代々続く家系の方は、先祖からのしきたりや家族としてのルールなどをしっかりと伝えることできます。
自分にもしものことがあっても、大切な家族のルーツを守っていくことが可能になります。

 

しっかりとした準備が、残りの人生の充実と残った家族の幸せにつながる